「1強」死守か、切り崩すか 衆院選31日投開票

 衆院選は31日に投開票される。計35人が立候補した福岡県内の11小選挙区では、自民党は前回と同じ全区での勝利を目指しているが、野党が候補者調整して共闘態勢を組む選挙区を中心に与野党が激戦を展開している。

 各党の立候補者数は、自民11人▽立憲民主党8人▽共産党4人▽日本維新の会4人▽れいわ新選組1人▽社民党2人▽「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」1人▽無所属4人。

 西日本新聞社の終盤世論調査などによると、1、4、6、7、8、11区で自民が安定した戦いぶりを見せている。5区などでは自民と野党系が議席を激しく争っている。自民が「1強」を守るか、野党が崩すかが注目される。

 投票は31日午前7時~午後8時(一部繰り上げ)に県内の計1172カ所で行われ、即日開票される。離島の4カ所は29日に繰り上げ投票した。

 (金子晋輔)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR