スーパーマンと多様性 大串誠寿

 米国製スーパーヒーローの漫画や映画は、翻訳されて世界各国に伝わる。出版社DCとマーベルが市場を二分するが、古参のDCはスーパーマンを擁して一日の長がある。

 DCヒーローの展覧会が福岡市博物館で開催されている。米国発ではなく、意外にもパリの美術館による企画だ。

 長くフランスは後発国の米国に芸術や文化を輸出していたが、ポップカルチャーの伸長により立場は逆転。過激なハリウッド映画など娯楽文化の流入を嫌い、自国文化の保護政策を取る。...

残り 724文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR