福岡空港91億円赤字に 9月中間決算、コロナ禍の影響続く

 福岡空港の運営会社「福岡国際空港」(FIAC、福岡市)が29日発表した2021年9月中間決算(単体)は、純損益が91億円の赤字(前年同期は119億円の赤字)だった。旅客数は前年同期より持ち直したが、新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続く。

 売上高に当たる営業収益は着陸料や不動産収入が増え、前...

残り 343文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR