米の大型歳出法案半減、党内対立解消は難航か 穏健派に配慮、左派要求の施策は外れ

 【ワシントン金子渡】政権の看板政策を巡って与党民主党内の対立が続く中、バイデン米大統領は28日、気候変動対策や教育・子育て支援策を盛り込んだ大型歳出法案の新たな枠組みを発表した。党内調整の結果、総額は1兆7500億ドル(約200兆円)規模となり、当初の3兆5千億ドルから半減。政権は党内合意を目指す...

残り 811文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR