『地魚は今…ルポ漁』 山城滋著

 「地魚」という言葉には鮮度のよさ、地元ならではの食文化、そして何よりも地域の海の豊かさを連想させる魅力的な響きがある。新聞記者である著者は、鮮魚売り場に並ぶ地魚が量も種類も減少していることに疑問を感じ、漁港と市場を歩き原因を探る。漁船にも同乗し、漁師に取材する中で、地球温暖化の影響による冬場の海水...

残り 86文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR