『自分で名付ける』松田青子著 追い込まれる女性への救い

 昔話や古典のジェンダー観を鮮やかにひっくり返し仕立て直した『おばちゃんたちのいるところ』。はびこる「おじさん」的価値観に異議を唱える人たちがレジスタンスを起こす『持続可能な魂の利用』。社会の違和感をすくって作品化してきた筆者の、本作は実体験に基づく育児エッセイである。「もともと社会ではアウトサイダ...

残り 735文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR