九州場所前に住吉神社で安全祈願

 日本相撲協会で九州場所担当部長を務める境川親方(元小結両国)らが27日、福岡市博多区の住吉神社を参拝し、2年ぶりの開催となる九州場所(11月14日初日・福岡国際センター)の安全な開催を祈願した。

 同神社では横綱の奉納土俵入りが九州場所前の恒例行事としてファンから親しまれてきたが、新型コロナウイル...

残り 141文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR