声からし最後の訴え 熊本の10陣営、選挙区駆ける

 衆院選の選挙戦最終日となった30日、熊本県内4選挙区に立候補した10陣営は、街頭演説や選挙カーによる遊説で「最後の訴え」に声をからした。2017年の前回選で議席を独占した自民に対し、野党は候補を一本化して共闘。2区では保守分裂の構図も重なる。新型コロナウイルス対応は、経済の立て直しは-。31日の投開票日に向け、各候補は重点施策を訴え、選挙区を駆け回った。

...

残り 1253文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR