ICTの浸透で変わる授業 教員の説明主体から、各生徒のペース重視へ

「浸透するICT利用」

 コロナ下で休校が続いた学校現場に情報通信技術(ICT)端末が浸透し、学びの姿が変わりつつある。教員がクラス全員に教科書の内容を説明して問題を解かせていた授業は、一人一人が端末を使うことで学習スピードを調整できるようになった。インターネットで情報を調べ、画像や動画も使って意見をまとめるケースもある。...

残り 1758文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR