陽性者の就業制限書を別の感染者に誤送付 宇城保健所

 熊本県は10月30日、新型コロナウイルス感染者に一定の期間働かないよう通知する「就業制限書」を宇城保健所が誤って別の感染者に送付し、住所や氏名、症状などの個人情報が流出したと発表した。

 同保健所によると8日、陽性者に就業制限書を送る際、1人分を誤って別の陽性者宛ての封筒に入れて発送した。受け取った人...

残り 83文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

PR