維新の「風」九州でも 比例で議席確保 阿部氏復活 無党派取り込む

 自公とも野党共闘とも一線を画す「第3の選択肢」として地方重視も訴えた維新は全国的に躍進し、比例代表九州ブロックで少なくとも前回と同じ1議席を確保した。九州・沖縄の小選挙区に擁立した計6人は全て敗れたものの、重複立候補した福岡4区の新人阿部弘樹氏が復活当選。九州でも無党派層へのアピールが一定程度、奏...

残り 223文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR