選挙区苦杯の甘利幹事長が辞意 自民、重鎮の苦戦相次ぐ 参院選へ態勢立て直しへ

 自民党は、甘利明幹事長が小選挙区で苦杯をなめたのをはじめ公示前議席を減らす結果となり、船出したばかりの岸田文雄政権の基盤が不安定化する可能性もある。甘利氏は幹事長辞任の意向を固めたとされ、首相は1日未明に「本人の話を聞いた上で、私が判断する」と述べたものの、来夏の参院選に向け態勢を立て直していくに...

残り 676文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR