立民、かすんだ受け皿 政権交代は程遠く 枝野氏「共闘は手応え」

 野党第1党の座を守った党首は神妙な顔つきだった。野党共闘を主導した立民の枝野幸男代表は、自民のベテラン議員にも競り勝った半面、単独過半数を許し、政権交代に遠く及ばなかった悔しさもにじませた。

 「政権の選択肢は示すことができた。自民が強い地域でも結果を出せたのは一騎打ちの構図に持ち込めたからだ」。...

残り 703文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR