『塞王の楯』 今村翔吾著

 織田信長により越前・一乗谷城は陥落。幼い匡介(きょうすけ)は父母と妹を失い、石工の集団・穴太(あのう)衆に助けられる。匡介は、破られない石垣を作れば戦を無くせると、石積みの技を磨く。一方、別の方法で戦を終わらせようとする集団がいた…。時代小説の新鋭が「最強の楯」(石垣)と「至高の矛」(鉄砲)の対決を描く。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR