自民「牙城」でベテランが相次ぎ敗れた理由 福岡の小選挙区

 10月31日に投開票された衆院選の福岡県内11選挙区では、前回全議席を独占した自民党が8選挙区で勝利した一方で、野党系が3議席を奪取した。自民は閣僚経験者などベテランが相次いで落選し、県内では野党共闘が一定の成果を上げて自民の「牙城」を突き崩した。

 共闘する野党が候補者を一本化した7選挙区では、5区...

残り 656文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR