AIで補充最適化、端末搭載カート…最先端「スマートストア」、トライアルが宮若市に

 スーパーなど流通の現場で人工知能(AI)やICT(情報通信技術)を活用した店舗が増えている。深刻化する人手不足の解消や、省人化によるコスト削減が狙いだ。ディスカウントストア大手のトライアルホールディングス(HD、福岡市)が「トライアル史上最先端のスマートストア」と位置づける、10月28日に開業した...

残り 978文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR