長崎4区、未明の決着 北村氏が薄氷勝利 山田氏と末次氏が比例復活

 衆院選は1日未明も開票作業が進み、4区で自民前職の北村誠吾氏が大接戦の末に8選を決めたほか、立民新人の山田勝彦氏と末次精一氏が比例九州ブロックで復活当選した。

 末次氏をわずか391票差で下し、薄氷の勝利だった北村氏。午前2時すぎ、佐世保市のJAさせぼホールで支持者の拍手に包まれ「私の不行き届きに...

残り 367文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR