九州の無党派層、比例は立民23%首位 維新も浸透18%

 共同通信社の出口調査によると、九州7県で「支持政党がない」と答えた無党派層の比例代表の投票先は、立憲民主党の23・8%がトップだった。本拠地の関西を中心に躍進を果たした日本維新の会が18・2%で続き、九州でも無党派層に一定程度浸透した格好だ。

 自民党は3番目の18・0%。国民民主党は県連がある福...

残り 181文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR