「さまざまな課題に精通」「復興見てもらえず」 小川前知事悼む県内首長

 福岡県知事を3期10年務めた小川洋氏が2日、亡くなった。任期途中で辞任し、病気の治療に専念していた中での訃報。回復を信じていた県内の首長からは、死を悼む声が相次いだ。

 「県民幸福度日本一」をスローガンに掲げ、子ども医療費の拡大など福祉分野を充実させた小川氏。北九州市の北橋健治市長は子ども医療費について何度も小川氏と議論したといい「政策に明るく、さまざまな課題に精通していた」と惜しんだ。...

残り 228文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR