「個々のレベルアップを」藤本ホークス始動 若手の台頭に期待

 ソフトバンクの藤本博史監督(57)が2日、ペイペイドームで行われた秋季練習に初めて合流した。冒頭で約30秒のシンプルな訓示を行い、4日から始まる秋季キャンプで集中的な強化に取り組む意向を示した。

 1日まで2軍監督として秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」で指揮を執った藤本監督は「今まではCS(クライマックスシリーズ)や日本シリーズに出て、秋のキャンプはなかなかできなかった。しっかり土台をつくって、個々のレベルを上げてほしい」と話した。

 若手を中心に鍛錬に取り組む秋季キャンプは「練習量を増やす」と強調する。一方で、やみくもにバットを振らせるのではなく、打撃面や守備面など個々が抱える課題に沿って質の高い練習を課していく方針だ。

 個の足りない穴が埋まれば、チームの穴も埋まる。今オフは代打の切り札だった川島が構想外となり、長谷川も現役を退いた。藤本監督は「来年は誰が(代打に)良いのかとなる。そこを狙ってバットを振る、守備固めを狙うなど、いろいろある」と奮起を促す。

 2、3軍の指導経験も豊富な藤本監督は、若手の成長によるチームの活性化に期待する。「ベテラン、中堅とみんなで戦っていかないといけないけど、若手にはチャンスではないか」。定位置獲得の好機に目の色を変える若鷹の出現を待ち望んだ。

 (鎌田真一郎)

柳田&千賀に調整一任

 藤本監督が秋季キャンプに参加しない柳田、千賀に調整を一任する考えを示した。「来年はけがなくできるように、このオフは体のケアをしてほしい。来年の春季キャンプには、いつでもシーズンに入れる形で来てほしい。それができる選手だと思っている」と信頼を寄せた。

 柳田は最後の2試合は疲労を考慮されて欠場。千賀は今季序盤に左足首の靱帯(じんたい)を損傷し、終盤は間隔を詰めて登板した。ともに東京五輪に出場するなど年間通して働いただけに、休養を優先させた。

関連記事

PR

PR