JR九州、通期予想を下方修正 中間決算 鉄道収入回復の遅さ響く

 JR九州が2日発表した2021年9月中間連結決算は、純損益が20億2500万円の赤字(前年同期は102億4800万円の赤字)だった。5月と8月に新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が出され、移動需要が減退。期初の予想より鉄道旅客の回復が遅れており、通期の業績予想を下方修正した。

 売上高は...

残り 385文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR