犯罪被害者支援へ大村市と署が協定

 大村市と大村署は2日、「犯罪被害等支援の連携協力に関する協定」を結んだ。犯罪被害者に関する情報を共有し、行政支援や二次被害の防止などに向けて協力する。

 大村市は4月に犯罪被害者等支援条例を施行。協定を結ぶことで被害者への給付金の申請や転居の支援、相談などが円滑に行えるようになるという。

 ...

残り 68文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

PR