J1福岡、目標の勝ち点50へあと1勝 大分は残留へ「勝つのみ」 九州ダービー

 J1福岡と大分が3日、ベスト電器スタジアムで対戦する。約1カ月ぶりのホームゲームとなる8位の福岡は開幕前に掲げた勝ち点50の目標到達が懸かり、同28で降格圏の18位大分はJ1残留に向けて負けられない。

 福岡の長谷部監督は「残り5試合は右上がりに終わる形にしたい」と力を込めた。ここ5試合は1勝2分け2敗と黒星が先行するだけに残り5試合で再浮上をもくろむ。

 福岡は前節の札幌戦でこれまで貫いてきた4バックから3バックを採用。大分の片野坂監督は「札幌とうちは同じようなフォーメーション。われわれに対して、どう来るのか」と警戒した。

 大分は直近のリーグ戦3試合で2勝1分け。天皇杯ではクラブ初の4強入りを果たし、片野坂監督は「選手も自信を持って挑んでいける」と言い切る。J1残留圏内の16位湘南とは勝ち点3差。「激しい試合になることは分かっている。とにかく勝つしかない」と誓った。 (松田達也)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR