循環復活、多様な生物すむ環境に 滋賀県「魚のゆりかご水田プロジェクト」 排水路に魚道整備⇨産卵⇨再び琵琶湖へ

 田んぼで魚の赤ちゃんが育つよう魚道を整備し、生態系保全と、人が安心して暮らせる環境をつくる-。滋賀県が取り組む「魚のゆりかご水田プロジェクト」は、近江商人の買い手よし、売り手よし、世間よしの「三方よし」の考え方を農業の世界に落とし込み、田んぼから持続可能な社会づくりを目指す試みだ。

 ...

残り 1846文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR