宝探し(1) インドの児童映画祭へ 人生観変えたスラム街

梁木靖弘さん寄稿【さらば、アジアフォーカス 映画祭の回想16】

 1990年代初頭、アジア映画を探しに行くといっても、3月後半の香港国際映画祭がメインで、1月中旬のインド国際映画祭、あとは12月のハワイ国際映画祭、10月に台湾で開かれる中華圏の映画賞「金馬奨」があるぐらい。あるいは、めぼしい国へ出張して、有力な映画製作会社に新作を見せてもらうくらいしか手段がなか...

残り 1135文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR