アリジゴク【クリアキ・カリブー 栗秋正寿35】

 父の転勤に伴って、ぼくは2歳からの9年間を千葉県松戸市で過ごした。40年以上前の松戸市立松ケ丘(まつがおか)小学校の南側には小さな林があり、放課後は友達と虫取りや冒険ごっこをすることが日課だった。その林は校庭に沿って神明(しんめい)神社まで続いていて、境内には大祭などで使用する長い柱を保管するため...

残り 762文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR