「若松エール」にラガータイプ 6、7日に門司港レトロでお披露目

 北九州市産のホップを使って造られる地ビール「ヒビキ フレッシュ ホップス 若松エール」に、日本でもおなじみのラガータイプが新たに登場する。苦みと香りの鍵になるホップに、市内産を100%使用。6、7日に門司区の門司港レトロ地区で開かれる「北九州×東アジア 大食覧会 in 門司港」でお披露目する。...

残り 285文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR