自民大分県連、会長は続投 常任総務会で確認

 自民党大分県連は4日、常任総務会を開き、阿部英仁会長(73)の続投を確認した。阿部会長は衆院選で大分1区の新人高橋舞子氏(33)が落選したのを受けて進退伺を出していた。県連は衆院選で、1~3区全勝を目標に掲げていた。

 会合後、古手川正治幹事長(65)は記者団に「1区は負けたが、選挙トータルで見れば負...

残り 110文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

大分県の天気予報

PR

PR