おかえり灯籠看板 1年4カ月ぶり人吉旅館に帰還 発見者らが修復

 昨年7月の熊本豪雨で浸水被害を受けた人吉旅館(熊本県人吉市)に2日、氾濫した球磨川に流された灯籠看板が1年4カ月ぶりに帰ってきた。約10キロ下流の球磨村の災害ごみ置き場に置かれているのを、取引先の社長が発見。元通りの姿に修復して贈呈した。

 宿の玄関先に置かれていた灯籠看板は高さ約160センチで、約60...

残り 460文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR