柳田、来季主将へ 藤本新監督が「キャプテン制」復活方針

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(33)が来季のキャプテン就任を打診されていることが4日、分かった。藤本博史監督(57)は4年ぶりにキャプテン制を復活させる方針で柳田を指名。就任すれば、球団では2015~18年の内川聖一(現ヤクルト)以来となる。

 「引っ張ってもらいたいやつが僕の頭の中でいるので。その人にやってもらおうと思っている。(本人にも)話しています」。個人名こそ明かさなかったが、藤本監督が入団直後から球界屈指のスラッガーになる過程を見守ってきた柳田のことだった。藤本監督はこのオフ、柳田に休養を優先させた。「2月1日の春季キャンプには、いつでもシーズンに入れる形で来てほしい」と伝えている。チームの大黒柱をキャプテンに据えて覇権奪回を狙う。

関連記事

PR

PR