旧家の一枚、数十年ぶりの花嫁

 福岡県大刀洗町本郷地区の遺跡「三原城跡」に隣接する「佐々木邸」は、明治期に櫨蝋(はぜろう)製造を営んでいた旧家だ。屋敷は、寺院や古民家が並ぶ、旧秋月街道へ続く本郷道に面している。

 その佐々木邸で3日、近隣住民も見守る中、結婚写真の撮影会が開かれた。母方の実家が佐々木家の進祐実さん(30)=福岡市=が、屋敷での撮影を望んだ。

 かつて婚礼は式場ではなく、親族の集う広間で開くのが一般的だった。数十年ぶりの広間での花嫁姿。コロナ禍で延期された挙式は12月の予定だ。夫と祖母に囲まれた祐実さんは「夢がかないました」。

福岡県の天気予報

PR

PR