『結(ゆい) 妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)波模様』 大島真寿美著

 江戸時代の大坂・道頓堀を舞台に人形浄瑠璃作者、近松半二の半生を描いた直木賞受賞作の続編。半二の妹背山婦女庭訓を見て人生を一変させる平三郎(絵師・耳鳥斎)、半二の忘れ形見のおきみ……、半二に連なる浄瑠璃に魅せられた人々の悲喜こもごもの人間模様を生き生きとつむぐ。

関連記事

PR

PR