終戦の日に機銃掃射 「振り返れば未来」(5)

【聞き書き】農民作家 山下惣一さん

 例えば5年前の今日のことなんて、日記でも見ない限り、絶対に思い出せませんよね。でも国民小学校3年生の1945(昭和20)年8月15日の出来事は、はっきり覚えています。

 牛がトラクター代わりだった当時。わが家にも黒毛和牛の雌が2頭いました。田植えが終わると、牛の仕事はあまりなくなります。小屋に入れておくと毎日草を刈って食べさせないといけないので、牛を外に連れ出し、道端や原っぱの草を「外食」させるのです。地元では「ひっきゃ」(引き飼い)と呼び、年齢の低い子どもの仕事でした。...

残り 787文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR