CO中毒後遺症「高次脳機能障害」知って 大牟田で9日に記録映画上映会

 福岡県大牟田市の三井三池炭鉱三川坑炭じん爆発事故などによる後遺症「高次脳機能障害」を扱ったドキュメンタリー映画「いのち見つめて」の完成披露上映会が9日午後6時から、同市不知火町の大牟田文化会館で開かれる。1963年のこの日、爆発事故が起きた。

 高次脳機能障害は交通事故や病気、一酸化炭素(CO)中毒などで脳に損傷を受けて起きる。...

残り 354文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR