続く燃料高騰、増す企業負担 難しい価格転嫁…板挟みの企業苦悩

 原油高の影響でガソリンなど燃料価格が高騰し、九州でも多くの企業で負担が増している。一部で消費者の買い控えが起きているほか、価格転嫁できず板挟みになっている事業者もある。

 「緊急事態宣言は解除されたのに、ガソリンが高くなり需要が戻らない」。福岡市博多区のガソリンスタンド店長(38)は表情を曇らせる。福岡県のレギュラーガソリン1リットル当たりの平均小売価格は年初から30円余り上昇し、足元では166円台に。...

残り 591文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR