「津波フラッグ」見たら避難を 唐津海保など訓練

 江戸期に起きた安政南海地震で津波襲来を村人に伝えた「稲むらの火」にちなんだ「世界津波の日」の5日、佐賀県唐津市二タ子の県ヨットハーバー前の海域で、唐津海上保安部や佐賀地方気象台など7機関による避難訓練があった。ドローンからの音声に加え、津波の危険を知らせる「津波フラッグ」が陸上や海上に掲げられ、付近の船...

残り 294文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR