30歳正代「若い子に負けられない」 九州場所での活躍、誕生日に誓う

 大相撲の大関正代が30歳の誕生日を迎えた5日、電話取材に応じ「30は正直、そんなにうれしくないが、まだまだ若い子たちに負けられない。元気のいい相撲を取りたい」と決意を披露した。

 2年ぶりに福岡で開かれる九州場所は14日が初日。昨年は秋場所で初優勝し大関に昇進したが、11月場所はコロナ禍で東京開催に。熊本県宇土市出身の正代にとって大関として初めて臨むご当所で期待と注目を集める。

 同い年の照ノ富士が横綱昇進を果たす一方、正代は4場所連続で2桁勝利から遠ざかり、存在感を示せていない。「成績の面でこだわりたい。大関として成績を残さないといけない。引っ張っていかないと」。朝稽古では同部屋の豊山と10番ほど申し合いを重ね、課題の立ち合いに手応えをつかみつつあるという。

 「あそこから、すごくいい流れができた」と振り返る2年前の九州場所。11勝で敢闘賞を獲得して飛躍のきっかけとなった。再び殻を破る姿を、節目となる年の故郷の土俵で。番数を増やしながら調整を進め、九州入りする。 (手島基)

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR