一生の宝物になる連載

 17年前、初任地の北九州・八幡で大相撲のモンゴル人力士を密着取材した。当時、九州場所のたびに八幡に宿舎を構えた式秀部屋の千昇と大河。2人の成長ぶりや周囲との人間模様を連載にまとめた。幕下と三段目で部屋を引っ張る存在だったが、一緒に来日した白鵬は前頭筆頭。複雑な気持ちを押し殺し、稽古に励む姿が印象的だった。...

残り 243文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR