『新・海辺を食べる図鑑』 向原祥隆著

 著者が実際に海辺や川で捕り、食べた魚や貝、エビ、カニ、海藻など158種を約1000枚の写真を添えて解説するユニークな一冊。食べることを目的としているため、見つけ方、捕り方だけにとどまらず、下ごしらえの仕方、おいしい調理法、保存方法まで指南してくれる。出版社の地元、鹿児島県内で捕れる物がほとんどだが...

残り 82文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR