『モーリタニアン 黒塗りの記録』 法の正義と懸け離れた収容所

 キューバにあるグアンタナモ米軍基地。2001年の9・11米中枢同時テロ後、米国は、テロに関与したとする容疑で世界各地の人々をここに収容した。その一人が、西アフリカのモーリタニア出身の青年モハメドゥ。本作は実話を基に、グアンタナモの実態とモハメドゥの苦悩、弁護士の奮闘を描く。

 05年、人権派弁護士...

残り 626文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR