「田主丸藝術研究所」が目指すもの コロナ後を心待ちにする女性所長

 町工場風の建物に入ると、異形のオブジェや鮮やかな布作品に目を奪われる。吹き抜けの2階に上がってみた。四方に開かれた窓からは耳納(みのう)連山を背に、朝倉の山々も遠望できる。

 昨夏、福岡県久留米市田主丸町石垣に開設した「田主丸藝術(げいじゅつ)研究所」(TIAR)。作品の常設展示や滞在型制作(アーティスト・イン・レジデンス)、地元美術家のリサーチに取り組んでいる。...

残り 861文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR