松の椅子、格子の装飾…手続き窓口「韓流」に 韓国総領事館が改装

 福岡市中央区地行浜の駐福岡韓国総領事館が、ビザ申請など各種手続きの窓口エリアを韓国の伝統的な雰囲気に改装した。韓国の松で作られた椅子や格子の装飾が落ち着いた雰囲気を醸し出している。担当した林玄根(イムヒョングン)領事は「くつろぎと、韓国の美を感じてもらいたい」と話している。

 総領事館は1990年建設で、大幅な...

残り 319文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR