田中の先発「頭の中で『ありかな』」 藤本監督、ホークス投手陣の配置転換言及

 ソフトバンクの藤本博史監督(57)が6日、投手陣の先発、救援陣の配置を見直し、あらためて適性を見て起用していく可能性に言及した。すでに宮崎で行われている秋季キャンプで、今季の先発登板がなく、救援で18試合に投げた田中正義投手(27)らを新たな先発候補として鍛えている。

 すでに投手コーチに先発候補を増やすように要請。田中、杉山、大関、奥村らが先発を見据えて練習に取り組んでいる。

 「(投手コーチに)今年まで中継ぎだったメンバーを変えるのも面白いんじゃないの、と伝えてはいる。先発が逆に、後ろに回る可能性もある」。藤本監督はフラットな目線で来季のベスト布陣を見つけ出す考えだ。

 田中は1日の「みやざきフェニックス・リーグ」ヤクルト戦で先発に挑戦。5回1失点と好投し、藤本監督も「僕の頭の中では先発でどうかなというのはある」と語った。

 今季のソフトバンクは14人が先発を務めたが、1年間ローテーションを守って規定投球回に到達したのは石川だけで、2桁勝利到達者は千賀のみだっただけに、若手が食い込むチャンスは十分にある。 (伊藤瀬里加)

福岡県の天気予報

PR

PR