「公害の原点」水俣病を未来につなぐ 作家、医師、被害者語り合う

 公式確認から65年がたった水俣病について考える講演会が7日、福岡市早良区の西南学院大であった。水俣に関心を寄せ続ける作家の田口ランディさん、小児科医の山田真さん、水俣病被害者の緒方正人さんが登壇。「公害の原点」を未来につなぐためにどうすれば良いのか語り合った。

 ノンフィクション「水俣 天地への祈り」を今年...

残り 459文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR