『不審者』 伊岡瞬著

 家族4人で暮らす里佳子の前に現れた一人の男。夫・秀嗣が招いた男は21年音信不通だった秀嗣の兄だと名乗るが、義母は「息子はこんな顔じゃない」と言い張る。男は誰なのか。その日から不可解な事が相次ぎ、平穏だった家庭の日常が壊れ始める…。家族をテーマにその深淵をのぞく作家が著した緊迫のミステリー小説を文庫化。

関連記事

PR

PR