3度目ワクチン、長崎の医療従事者が自らに接種 キャンセル分「余るのなら」

 長崎市は8日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場で業務に当たっていた医療従事者が3回目の接種を誤って受けたと発表した。接種予定者のキャンセルでワクチンが余ったため、自らに打ってほしいと別の医療関係者に指示。「3回目の接種が既に始まっていると思い込んでいた」と話しているという。

 市によると、医療従事者は7日夕、キャンセルに伴ってワクチン1回分が廃棄されるとの報告を聞き、「ワクチンが余るのならば、3回目になるが、自分が接種を受ける」などと申し出た。会場を運営する受託会社が3回目の接種が可能かを市に確認している間に、この医療従事者は接種を済ませてしまったという。

(坪井映里香)

長崎県の天気予報

PR

PR