夫婦間で知っておきたい「禁句」…危機を乗り切る上手なけんかとは

 家庭裁判所の調査官を33年間務めた臨床心理士の山崎一馬さん(72)=福岡市=が、こじれた夫婦関係を修復するカウンセリングルームを開いている。調査官時代、家裁に離婚調停を申し立てながら「もう一度やり直せないか」と悩む夫婦や、親の不仲に心を痛める子どもに接してきた。こうした経験を基に「離婚する前に一呼吸して立ち止まってみませんか」と再出発を後押している。

 「ロマンチックラブは長くは続かない」「心だけ通じ合っていれば、うまくいくというのは幻想」―。山崎さんは説く。「夫婦はお互いを分かっているようで、案外知らないものなんです」...

残り 1250文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR