女性消防職員、直方市に誕生 20キロ装備での長距離走も耐え

 福岡県直方市消防本部に加わった初の女性消防職員が、県消防学校(嘉麻市)での教育訓練を経て、災害時の対応など「市民を守る」ための多様な業務に向けたトレーニングを本部で重ねている。12月から24時間の交代制勤務に就く予定だ。

 女性消防職員は、北九州市出身の森仁美さん(24)と中間市出身の河島小桃さん(19...

残り 828文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR