西鉄2年ぶり最終黒字 業績予想を上方修正 9月中間連結決算

 西日本鉄道(福岡市)は8日、2021年9月中間連結決算の業績予想を上方修正し、純損益が期初予想の16億円の赤字から、100万円の黒字になる見込みだと発表した。中間期としては2年ぶりの最終黒字となる。

 国際物流事業で輸出入取扱高が伸びたほか、住宅事業で販売戸数が増加し業績を押し上げた。売上高に当た...

残り 67文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR