被災住家の情報提供 水俣市が損保会社と協定 市の調査経ず罹災証明

 水俣市は、災害時に被災住家の調査情報の提供を受ける協定を、損害保険大手の三井住友海上火災保険と結んだ。市の調査を経ずに罹災(りさい)証明書が発行でき、被災者の早期の生活再建につなげる狙い。同様の協定締結は熊本県内自治体で初めて。

 災害時には、自治体が住家被害を調査し罹災証明書を発行する一方、保険会社...

残り 265文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

PR